丸善 瀧澤商店/函館市 大門地区 ~函館旅行⑥~

2013年12月23日()

串山串蔵を出て夜の部3件目の丸善 瀧澤商店を目指します。
瀧澤商店は数年前に函館旅行に来たとき宿泊したスマイルホテル
すぐ裏手にあったので実はずっと気になっていまして・・・
今回旅行ついてリサーチしたときに函館ブロガーの方もオススメしていたお店だったので
絶対に行くと決めてました。


c0319645_05565792.jpg
これが瀧澤商店の外観。
見た目は普通の酒屋さんですが看板にちゃんと立飲み・カウンターと書いてあります。

外から店内を覗くとすでにお客さんでいっぱいの様子なので
入ろうかどーか迷っていると中の常連さんの一人が我々を見つけ手招き。
それに甘えてさっそく入店!

c0319645_05574709.jpg
店内は狭目で自然とお客さん同士が密集するくらいの距離。
手招きをしてくれた自称400歳のオバサンが
瀧澤初心者の我々に色々教えてくれます(´ω`)

c0319645_05564009.jpg
メニューです。
基本的にハンパじゃなく安いです・・・最高額でも600円^^;

c0319645_05571989.jpg
とりあえずサッポロラガーの瓶 400円と
この時期にしか食べられないとゆうマスターお手製のトバ 400円を
常連さんにオススメされて頼んでみる。
これはウマイ!!

c0319645_05581654.jpg
牡蠣の燻製オイル漬け缶詰を頼むとマスターが
こっちのほうがオススメだよと言ってさばの水煮の缶詰を出してくれました。
ワサビだけ付けて食べてごらんと言われるままに・・・これもウマイッ!!(´¬`)
脂がのっているのにしつこくなく食べやすい。
この缶詰を食べたら他のさば缶がパサついて感じるかも。
聞けばこの缶詰、スーパーに売ってるものとはワケが違うらしく
その年に水揚げされた旬の秋さばを生のまま、水煮缶詰にしたものらしい。
そりゃ美味しいハズだわ・・・

それを見ていた酔っ払いの女性が私も私もと最後のさば缶をお土産用に買ってましたw
どーやらそのかなり出来上がった女性も今日が瀧澤デビューだったらしく意気投合。
話を聞くと我々が参考にしたブロガーさんのファンとのこと。
そのブロガーさんについて熱く語ってましたw
そのまま話をしているとそろそろ閉店時間になったので
ホテルに帰ろうと思っていたら酔っ払女性にもう一件行こうと誘われ
女性の連れの男性と4人で大門横丁に移動することに・・・


つづく・・・


※記事 モコ平&こまり



丸善 瀧澤商店
●住所 北海道 函館市 若松町 19-7
●電話 0138-22-3623
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 日曜









[PR]
by marisho112023 | 2014-02-01 14:58 | 渡島地方 | Comments(0)
<< おでん鍋とローストビーフ スペインオムレツ、パスタ、ミル... >>