中村のとりめし/郷里の味 なかむら えぷろん倶楽部

2015年5月28日(木)



c0319645_00110091.jpg
美唄市に住む美唄市民のソウルフードのひとつでもある郷里の味 なかむら えぷろん倶楽部さんの「中村のとりめし」をいただきました。

現在は食事処 しらかば茶屋さんやそば処 匠庵さん、他数店舗でも「とりめし」を扱っていますが、「中村のとりめし」といえば美唄「とりめし」文化の先駆け的存在。



c0319645_00105303.jpg
「うちの台所事情がどんなに苦しくても、遠くから来てくれたお客様にはご馳走をふるまいたい」。大正時代、知恵を絞った中村地区の人々は当時貴重な収入源だった鶏をさばき、収穫がようやく軌道に乗り始めた米と一緒に炊き込んだ。これが「中村のとりめし」の始まりと言われています。


c0319645_00111179.jpg
見た目は非常にシンプルですが、鶏の精肉やモツ(内臓)、砂糖と醤油で炊き上げたコくのある深い味わいは、少し濃い目の味付けでかなり美味しい!(´¬`)


c0319645_00113153.jpg
c0319645_00112561.jpg
小腹が減ったとき用に「とりめしおにぎり」もオススメです。


※記事 モコ平




郷里の味 なかむら えぷろん倶楽部
●住所 北海道美唄市中村町中央
●電話 0126-69-2562
●営業時間
●定休日 5月下旬農繁期の1週間、年末年始
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2015-08-23 18:00 | 空知地方 | Comments(2)
Commented by love-t_k at 2015-08-23 18:37
鳥飯・・・炊き込みなんですか?
美味しそうですね
これ自分でも作れるかな?
Commented by marisho112023 at 2015-08-23 23:19
>>loveさんへ

こんばんは(´ω`)

炊き込みご飯ですね。
一応、今自分が住んでる地域を代表する郷土料理みたいです。
それがですねぇ~どーやら材料さえあれば簡単に作れるようですよ(=ω=)
<< 寿司考房 山/帯広市 ~上川・... 美唄鉄道 東明駅/美唄市 >>