珈琲 食事 大阪屋/小樽市

2017年2月1日(水)



今回は知人のフロントミーさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0319645_12583813.jpg
この日のフロントミーさんが向かったのは小樽市の「銭函エリア」にある【珈琲 食事 大阪屋】。


c0319645_12584800.jpg
珈琲 食事 大阪屋】は古い蔵をリノベーションした通称「蔵カフェ」。店内はレトロ調の家具で統一されており、非常に落ち着く空間になっています。また、1階はカウンター席、2階はテーブル席になっていて1人でも複数でも利用できるのもポイントのひとつ。銭函エリアで人気の高いカフェなんです(´ω`)


c0319645_12590240.jpg

海老ピラフ 770円。


ぷりっぷりのエビが入ったピラフ。バターの風味とコショウの香り、コンソメの味が食欲をそそります(´¬`) サラダ付きなのも嬉しい。


c0319645_12591363.jpg

炭火コーヒー 550円。


コーヒー豆を炭火で焙煎することにより、炭火の香ばしい香りがコーヒー豆に付き、炭火独特の風味を持つコーヒー。



うーむ、「蔵カフェ」ってところに惹かれますねぇ(=ω=) 食事の種類もそこそこ豊富らしく、カフェレストラン的な感じで使えるんでしょうか。



フロントミーさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m



※記事 モコ平



珈琲 食事 大阪屋
●住所 北海道小樽市銭函2丁目3-4
●電話 011-812-0688
●営業時間 10:30~21:00
●定休日 月曜
●駐車場 有り




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-15 18:00 | 後志地方 | Comments(2)

村さ来/長沼町

2016年8月3日(水)



c0319645_23442055.jpg

この日の飲み会は長沼町の市街地中心部場所にある村さ来 ながぬま店でした。初訪問になります。初訪問ではありますが以前【くりやま老舗まつり 2016】の会場内で【村さ来 ながぬま店】のジンカラ丼を食べてます(´ω`)




村さ来】も早い段階で全国にチェーン展開した名居酒屋ひとつ。自分の勝手なイメージで【つぼ八】のライバル的な存在だと思っていました。現在は店舗数を縮小し、料理や接客など質を向上させ営業しているようです。ちなみに酎ハイを世に広めたのは【村さ来】だと言われているとか。


c0319645_23452751.jpg

ビール(中) 460円。

お通し ???円。

ビールはアサヒスーパードライ。お通しはヌメヌメ系のヤツでした。


c0319645_23462399.jpg

なすの一本漬け 360円。


c0319645_23444764.jpg

鶏ヒザ軟骨の唐揚げ 400円。


今ではおつまみの定番の軟骨の唐揚げ。サクコリ食感がたまらない一品。


c0319645_23451741.jpg

燻りかつおの大根サラダ 440円。


タレに付け込んだ鰹にじっくりと燻しをかけ、旨味をギュっと閉じ込めた香り高い燻りかつおが物凄く美味しい!(´¬`) シャッキシャキの大根サラダと良く合います。


c0319645_23453849.jpg

鶏の唐揚げ(醤油味) 420円。


鶏の唐揚げは2種類の味から選べるタイプ。今回は王道の醤油味をチョイス。王道だけどオリジナリティのある醤油を使用しているのかわからないけど、何か他の唐揚げとは違ってウマイ(´¬`) ちなみにもうひとつは塩麹味。


c0319645_23443862.jpg

ポテトフライ 380円。


凄くノーマルなフライドポテトだけど、それが美味しいんですよねぇ。メガ盛りなんてものあるようです。


c0319645_23460366.jpg

国産やきとり串盛り合わせ 750円。


盛り合わせの内容はもも・ぼんじり・砂肝・かわ・鶏つくねの5種類。


c0319645_23445732.jpg

エイヒレ 400円。


c0319645_23454910.jpg

チョレギサラダ 440円。


韓国海苔が美味しいサラダ。ちなみに「チョレギ」ってのは浅漬けキムチのことらしい。


c0319645_23461288.jpg

納豆オムレツ 360円。


自分でも作るようになった納豆オムレツ。でもやっぱプロが作ったものはひとあじ違う(´¬`)


c0319645_23450711.jpg

パストラミポークのサラダピザ 580円。


香辛料で調味した豚肉の燻製とサラダがピザ生地と良く合います。アッサリしていて食べやすいピザ。



チェーン店系居酒屋だと思って正直ナメてましたが、全体的に料理の完成度が高く美味しいお店でした。再訪問したいけどなかなか【長沼町】に飲みに行く機会がないんですよねぇ(´Д`;)


ごちそうさまm(_ _ )m



※記事 モコ平




村さ来 ながぬま店
●住所 北海道夕張郡長沼町銀座南1丁目6-1
●電話 0123-88-2020
●営業時間 17:00~24:00
●定休日 無休
●駐車場 無し




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-14 18:00 | 空知地方 | Comments(0)

お食事の店 Popote/月形町

2016年8月9日(火)



c0319645_11584420.jpg

この日の昼食は月形町の【JR石狩月形駅】から徒歩で5分ぐらいの場所にあるお食事の店 ポポットでした。2度目の訪問になります。



c0319645_11591537.jpg

とんかつ定食 750円。


前回食べたからあげもボリューミィだったけど、このトンカツも負けず劣らずボリューミィ。ころもはサックサク中はジューシィで非常に美味しいトンカツ(´¬`) ご飯や味噌汁の話は前回したからいいか。本当は1番人気のオムライスにしようかと凄く迷ったんですよ。まぁ、なんだかんだで結局大好きなトンカツを選択しちゃうってゆーねw


ごちそうさまm(_ _ )m



※記事 モコ平




お食事の店 Popote
●住所 北海道樺戸郡月形町市北1
●電話 0126-53-2885
●営業時間 11:30~14:30 18:00~24:00(平日) 11:30~14:30 18:00~21:00(日祝)
●定休日 水曜
●駐車場 有り




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-13 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

ラッキーピエロ/函館市 ベイエリア地区 ~道南旅行⑨~

2017年3月18日()



c0319645_13550763.jpg

大衆居酒屋 魚さんこでかなり飲み食いしたにも関わらず「ベイエリア地区」にあるラッキーピエロ マリーナ末広店へと向かいます。ここは初訪問になります。てか、数年前に来たときってここは別のお店だったような?


c0319645_13551988.jpg

北海道でも道南地方にしか出店していない【ラッキーピエロ】。その人気は道南地方だけに留まらず、今では道外にもファンがいるほどの超人気店。厳選した素材を、徹底した鮮度管理の下、手作りこだわって調理します。出来てたを提供したいのでオーダーを受けてから調理を開始しするスタイルも人気のひとつ。また、店舗によっては店限定の商品があったり、各店舗にテーマが決められてたりと非常にユニークなのも魅力なんですよね(=ω=)


c0319645_13553157.jpg

生ビールセット 690円。


ラッキーピエロ】の看板メニューでありダントツ人気No.1商品の「チャイニーズチキンバーガー」と生ビールのセット。久しぶりに食べたチャイチキは相変わらずボリューミィでウマイ(´¬`)


c0319645_13554221.jpg

チャイニーズチキンカレー 700円。


カレー部門の人気No.1商品。もともとここのカレールゥは味に定評があり、そこにラッピの伝家の宝刀であるチャイニーズチキン要素がプラスされてるんだから美味しいに決まってますよねぇ(=¬=)


c0319645_13555539.jpg

c0319645_13561006.jpg
やっぱ函館市に来たら【ラッキーピエロ】と【ハセガワストア】はマストなんですよねぇ。しっかし初日から結構食べてるなぁww



つづく・・・



※記事 モコ平



ラッキーピエロ マリーナ末広店
●住所 北海道函館市末広町14-17
●電話 0138-27-5000
●営業時間 10:00~0:30(土のみAM1:30)
●定休日 無休
●駐車場 無し




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-12 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)

大衆居酒屋 魚さんこ/函館市 大門地区 ~道南旅行⑧~

2017年3月18日()



c0319645_12561868.jpg

丸善 瀧澤商店で軽く飲み食い後は、同じく「大門エリア」にある【大衆居酒屋 魚さんこ】へと向かいます。今回の旅行前にリサーチしていたお店の1軒で、楽しみにしていました(´ω`)


c0319645_12562916.jpg

大衆居酒屋 魚さんこ】は新鮮な魚介類が美味しく、コストパフォーマンスが最高の人気居酒屋。鮮魚刺し以外にも唐揚げや串焼き、モッツァレラチーズを使った料理などメニューが豊富。また、お酒の種類も多いのも酒好きには嬉しいポイント。


c0319645_12564039.jpg

ハイボール 450円。
グラスワイン(赤) 420円。
お通し 300円。


最近お気に入りのハイボールとワインでこの日2度目の乾杯。お通しは茹でた何かの魚のマリネ的なヤツでした。


c0319645_12573143.jpg

アイヌネギの天ぷら 580円。


アイヌネギとはギョウジャニンニク、またはキトビロのこと。このギョウジャニンニクの天ぷらが美味しくないワケがない! 鮮魚の店なのに1番最初に頼んでしまった恐ろしく美味しい一品。春の味覚のひとつですねぇ。


c0319645_12565075.jpg

どんこ刺し(キモ付き) 600円。


どんことは道南地方などで獲れるどす黒くヌメヌメした魚で、道南の冬の味覚のひとつ。名前はなんとなく聞いた事あったけど食べるのは初めて。淡白でトロっとした白身が美味しい。更にキモ醤油でいただくとこれまたウマイ!(´¬`) さすがお店の名物なだけあります。


c0319645_12571938.jpg

カシラ 130円。


今回の【道南旅行】でカシラが有名なやきとり屋に行こうと思ってたんですが、このお店にもカシラがあったので、ここで食べちゃうことにw 普通にウマイ!


c0319645_12565961.jpg

マトウダイ焼 980円。


これも美味しい焼魚だったなぁ。マトウダイってのも初めて食べたかも。


c0319645_12570962.jpg

タコ刺し 無料。


サービス品だというタコのお刺身。うーむ、こんな新鮮で美味しいタコが無料とか嬉しいじゃないの(=ω=)


c0319645_12574208.jpg

ほっけ刺し 680円。


道民(内陸)でもなかなか食べる機会のないホッケのお刺身。脂がのっててウマイ!(´¬`) そしてこの顔が怖いww


c0319645_12575316.jpg

ラム肉の唐揚げ 550円。


これは自分の大好物です。どこで食べても安心安定の美味しいヤツ。


c0319645_12580348.jpg

あら汁 無料。


会計を済ますと出してくれるサービス品。タコの刺身に続いてあら汁も無料なのか! もちろん味は本物です。うーむ、最後の最後まで良い店だなぁ(´ω`)



下調べしておいて良かったッ!!って素直に思えるほど良いお店でした。これは再訪問確定でしょう。やっぱアタリのお店に出会えるとテンションあがりますねぇ(=ω=)



つづく・・・



※記事 モコ平



大衆居酒屋 魚さんこ
●住所 北海道函館市若松町19-3
●電話 0138-22-0008
●営業時間 16:30~翌1:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-11 18:00 | 渡島地方 | Comments(4)

手打 蕎麦人/帯広市

2016年12月19日(月)



今回は知人のスターオニオンさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0319645_12133407.jpg

この日のスターオニオンさんが向かったのは帯広市の【JR帯広駅】から3kmぐらいのところにある手打 蕎麦人


c0319645_12134518.jpg

2006年に深川市で開業し、2008年に【帯広市】郊外に移転した【手打 蕎麦人】。店主自ら厳選した素材と深川産のそば粉を使用、国産国消に強いこだわりを持つ。また、蕎麦や一品料理に合う地酒の種類も豊富で、大人の隠れ家的そば屋との声も。


c0319645_12141066.jpg

まっしゅるーむときのこのせいろ 1200円。


店主が惚れ込んだという「十勝マッシュ」をふんだんに使用したというお店イチオシのせいろ。十勝マッシュの旨味が存分に引き出され、数種類の中から選んだ「二八そば」がつゆとよく絡む。しかし、この量で1200円はちょっと強気かもとのこと。


c0319645_12140035.jpg

冷かけ 太ごぼう天 1150円。


さすが店主がこだわってる素材だけあってごぼう天が物凄く美味しい。けど、つゆの味が薄く、しかも温くて選択した「田舎十割太打そば」本体の味がなんだか浮いた状態だったとのこと(´Д`;)



c0319645_12142129.jpg
c0319645_12143394.jpg
店舗裏には何故か羊w 酪農王国十勝ならではだからかな?(=ω=)



雑誌【HO】で見て気になったので訪問したらしいけど、正直納得いかないと1級グルメ戦士のスターオニオンさんにしては珍しく嘆いてましたねぇ。先に口コミサイトを確認しておけばよかったと…。自分もチェックしてみたんですが、良い評価も結構あるのでもしかしたら波があるのかもしれませんねぇ。



スターオニオンさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m



※記事 モコ平



手打 蕎麦人
●住所 北海道帯広市西10条南34丁目1-13
●電話 0155-47-4190
●営業時間 11:00~23:00(蕎麦がなくなり次第終了)
●定休日 不定休(ブログなどで要確認)
●駐車場 有り(10台)




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-10 18:00 | 十勝地方 | Comments(0)

第34回 岩見沢ふるさと百餅祭り 2016 いわみざわ情熱フェスティバル/岩見沢市

2016年9月18日()



c0319645_12124990.jpg

この日は岩見沢市の【JR岩見沢駅】周辺で開催されていた【第34回 岩見沢ふるさと百餅祭り】と【2016 いわみざわ情熱フェスティバル】へ参加してきました。ブログにUPするのは初めてですが、むか~し1度だけ【百餅祭り】に参加したことがあります(´ω`)


c0319645_12130789.jpg


岩見沢ふるさと百餅祭り】は岩見沢特産であるお米を使った岩見沢市最大のお祭り。五穀豊穣などを願い、直径2.1m、重さ約5tの世界最大の大臼で豪快に餅をつきは迫力満点。毎年人気の小学生以下を対象にした餅つき体験、各日のラストは長寿を祈念した餅まきも行われ、見物客に振る舞われる。また、飲食系の屋台やイベントも充実しているのはさすが市内最大のお祭りといったところ。


c0319645_12132899.jpg

いわみざわ情熱フェスティバル】は岩見沢の新鮮で安心・安全な農産物、自慢の特産品を販売。さらに地元企業製品の展示や、趣向を凝らしたイベントが盛りだくさん。地元食材をふんだんに使った飲食店が、食欲の秋を満喫させます。2016年度の目玉は空知管内の自治体が多数参加した産炭地区の名物料理を集めた「炭鉱グルメ」と「巨大人形劇」。


c0319645_12134412.jpg

ソースかつ丼 500円。


上砂川町ブースで購入したかつ丼。かつて町内にあった食堂の人気看板メニューをイベント限定で復活させたというもの。オリジナルソースはスパイシーでカツともごはんとも相性が良く食が進みます。やはり往年の味は一味違う(´¬`)


c0319645_12155680.jpg

あかびらホットレッグ 350円。


赤平市ブースで購入した新名物として売り出し中の鶏足の唐揚げ。外はパリパリ、中はジューシィでウマイ。さすが新名物として売り出してるだけあって完成度が高い(´¬`)


c0319645_12140516.jpg

がんがん鍋 ???円。


同じく【赤平市】ブースで購入したホルモン鍋。かつて炭鉱長屋の石炭ストーブで、豚のホルモンや豆腐・野菜などを入れて味噌ベースのスープで煮込んで食べていたもの。赤平市民にとっては昔懐かしいスタミナ料理なんだとか。


c0319645_12142821.jpg

なんこ串 100円。


歌志内市ブースで購入した名物なんこを使った串焼き。ちなみになんことは方言らしく馬のホルモンの意味なんだって。


c0319645_12160906.jpg

なんこ味噌煮 300円。


同じく【歌志内市】ブースで購入したなんこの味噌煮。【歌志内市】の郷土料理のひとつ。じっくり時間をかけて煮込まれたホルモンに臭みは全くなく、非常に美味しい。【道の駅 うたしないチロルの湯】や市内のスナックでも食べられるまちの名物料理として愛されているんだとか。


c0319645_12154539.jpg

ロマンザ カレー 400円。


歌志内市】の悲別ロマン座ブースで購入した看板メニューのチキンカレー。美味しいのはもちろんのこと、マヨネーズで書かれた「ロマンザ」の文字が何かほっこりする(=ω=)


c0319645_12141747.jpg

なんこカレー 500円。


同じく【悲別ロマン座】ブースで購入したカレー。ロマン座の看板メニューのカレーに歌志内の名物であるなんこがトッピングされたもの。「ロマンザ」の文字がないのは残念だけど、間違いなく美味しいヤツです(´¬`)


c0319645_12150408.jpg

ガタタン ???円。


芦別市ブースで購入した芦別市民のソウルフードのひとつ。具だくさんで優しい味が特徴の中華スープ。


c0319645_12152557.jpg

中村のとりめし(大) 500円。


中村えぷろんくらぶ】ブースで購入した美唄市の郷土料理のひとつ。もうこのブログでは何度も出てきてる説明不要の美味しいとりめし。


c0319645_12153436.jpg

このときの【中村えぷろんくらぶ】さんは大釜持参の炊きたてを提供。初めてみたわ~。


c0319645_12144505.jpg

モツ煮 200円。


これ!これも初めて見たッ!とりめしを炊くときに使う出汁用のモツを単体で販売。しかも、この量で200円とか安過ぎる…。買おうとしてたらスグに売り切れちゃったってゆーねw ビールのおつまみに欲しかったなぁ(´Д`;)


c0319645_12164192.jpg
c0319645_12163217.jpg
c0319645_12161958.jpg

夜になってから始まった「巨大人形劇」。準備しているときはさほど興味なかったけど、実際に見ちゃうともう目と心を奪われまくり。歌と踊り、巨大馬の躍動感、全ての融合はほんとマジで凄かった(=ω=) これって定期的にどこかでやってるんだろうか?



うーむ、産炭地区の名物料理を集めた「炭鉱グルメ」ってアイディアは良かったなぁ。次回は別のカタチでつながりのある食を集めて欲しい(´ω`)



ごちそうさまm(_ _ )m



※記事 モコ平



[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-09 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

BEEF IMPACT/札幌市 清田区

2016年9月4日()



今回は知人のMEG BEAMさんが提供してくれた貴重な食ネタをUPさせて頂きますm(_ _ )m


c0319645_11583360.jpg
この日のMEG BEAMさんが向かったのは札幌市清田区の「平岡エリア」にある【ビーフインパクト 平岡店】。


c0319645_11584414.jpg
c0319645_11585462.jpg
狸小路4丁目】でオープンから人気大爆発のステーキ屋【ビーフインパクト】。その2号店にあたるのが【ビーフインパクト 平岡店】になります。【ビーフインパクト】最大のウリはお肉の量を好みで選べるというシステム。グラムの量り売りみたいなものですね。2016年度【オータムフェスト】の「肉部門」で優勝した実績のある今勢いのある人気ステーキ店なんです(´ω`)


c0319645_11591975.jpg
ウィークエンド ビーフインパクトランチ(250g) 1750円。

250グラムと350グラムの2種類から選べる土曜・日曜限定のランチセット。メインのリブロースのステーキの他にサラダ・ライス・みそ汁がセットになっています。熱々の鉄板の上でじゅ~じゅ~と音をたてる分厚いステーキは感想を聞かなくても美味しいのはわかります(´¬`) またステーキの上のバターとスライスガーリックが食欲を煽るんですよねぇ。


c0319645_11593096.jpg
ビーフインパクトハンバーグ 960円。

ステーキ用の牛肉だけ使用した、オリジナルパテを丹念にこね、炭火で丁寧に焼き上げたヘルシー&ジューシィな美味しいハンバーグ。一度食べたら忘れられないインパクトなんだとか。


MEG BEAMさん貴重な食ネタの提供ありがとうございましたm(_ _ )m


※記事 モコ平



BEEF IMPACT 平岡店
●住所 北海道札幌市清田区平岡8条1丁目1-10
●電話 011-887-8545
●営業時間 11:30~22:30
●定休日 不定休
●駐車場 有り




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-08 18:00 | 札幌市 清田区 | Comments(0)

丸善 瀧澤商店/函館市 大門地区 ~道南旅行⑦~

2017年3月18日()



c0319645_11593903.jpg

道の駅 YOU・遊・もりを出て車を走らせること約1時間、今回の旅の執着地点である函館市へと到着!【JR函館駅】近くのスマイルホテル函館にチェックインを済ませた後は、速攻でホテル裏にある【丸善 瀧澤商店】へ向かいます。数年ぶり3度目の訪問になります。


c0319645_12002352.jpg

丸善 瀧澤商店】は立ち飲みカウンターのある酒屋。店の右手が酒屋、左手がショットバー風のカウンターになっていて、午前10時から酒を飲ませてくれる。料理や缶詰、おつまみなども多彩に用意されおり、どれもこれも安くて美味しい。この雰囲気、各打ちスタイルが好きな人には本当にたまらない素敵なお店(´ω`)


c0319645_11594965.jpg

角ハイボール(缶) 240円。
ビール(中) 370円。


まずは長距離運転の疲れを癒す為、ハイボールとビールで喉を潤します。いや~普段ほとんど長距離ドライブなんてしないから結構疲れてたけど、この一杯で疲れが吹き飛びます(=3=)


c0319645_12002708.jpg

軟骨しおから 150円。


普通のしおからにたまーに入ってるコリコリした軟骨の部分だけを集めたもの。珍味系はお酒に合います。


c0319645_12005732.jpg

そば(温) 250円。


ちょっと店内が寒かったのでカラダを温める為に注文。マスターこだわりの出汁から取ったつゆが本気でウマイ!(´¬`) 具材はシンプルですが、これで250円はマジで安すぎます!


c0319645_12010406.jpg

あんきも ???円。


やっぱココに来たら缶詰も必食! てなわけで【マルハ】のあんきも缶詰をチョイスしてみました。さすが「海のフォアグラ」とも呼ばれるリッチな大人の逸品!マスターの調理技術とは全くカンケーないけどウマイものはウマイ。てか、写真を撮ろうとしたらマスターがもうひと缶だしてきてパッケージを見せてくれるってゆうね(´ω`)


c0319645_12003820.jpg

レバー焼き 350円。


メニュー表の下の方に手書きで書かれていた商品。固定メニューではないのかな? 味付けが絶妙でおかわりしたくなったけど、次の店に行く予定があったので食セーブ発動ww



本当はもっとゆっくりしたかったんですが、次の店決まってたのでそこそこ飲み食いして移動します。いや~久しぶりに来たけど、やっぱ良いお店だわ。昔の記事にも書いてあるかもだけど札幌にこんな店あったらいいなぁ(=ω=) 2日目が日曜でお店の定休日だったのは非常に残念…。



つづく・・・



※記事 モコ平



丸善 瀧澤商店
●住所 北海道函館市若松町19-7
●電話 0138-22-3623
●営業時間 10:00~22:00
●定休日 日曜
●駐車場 無し




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-07 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

道の駅 YOU・遊・もり/森町 ~道南旅行⑥~

2017年3月18日()



c0319645_20525314.jpg
パノラマカフェ ハーベスターを出て車を走らせること約30分、次の休憩ポイントに選んだのは森町にある道の駅 YOU・遊・もりでした。初訪問になります。


c0319645_20533907.jpg
国道5号沿いの【道の駅YOU・遊・もり】は、屋上の展望ラウンジから駒ヶ岳や羊蹄山、噴火湾を一望できる絶好のビューポイント。また周辺には【オニウシ公園】、【青葉ヶ丘公園】などの都市公園が広がり、春は桜の下、夏は緑の芝生の上にお弁当を持った家族連れなどでにぎわいます。また、一階の特産物販売所では、森町名物の各種いかめしや韃靼そば茶、海産物加工品などのおみやげものが販売され、ドライバーの人気を集めています。


c0319645_20535232.jpg
にしんくんせい(スライス) 432円。


c0319645_20535192.jpg
想像していたよりウェッティでさっぱり、塩気も控えめであっさりとしつつも燻製の香りと味がする美味しいヤツです(´¬`) むしろ燻製のオイル漬けのようなイメージ。これはもう何個か買ってくればよかったなぁと少し後悔しちゃう。


c0319645_20533600.jpg
後から知ったんですが、ここってワリと有名な桜の名所なんだとか。知人の一人がこの道の駅に毎年お花見にきてるんだって言ってました。うーむ、今回ズレた時期に来ちゃってるからお花見は別のとこかなぁ。


つづく…


※記事 モコ平



道の駅 YOU・遊・もり
●住所 北海道茅部郡森町字上台町326-18
●電話 0137-42-4886
●営業時間 8:00~17:30(3/21~10/20) 9:00~17:00(10/21~3/20)
●定休日 年末年始(12/30午後~1/3) 毎月第4木曜(レストラン)
●駐車場 有り




[PR]
# by marisho112023 | 2017-04-06 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)