タグ:旅行・観光 ( 142 ) タグの人気記事

きのこ王国/伊達市 ~道南旅行⑳~

2017年3月20日()



c0319645_11211381.jpg

ラッキーピエロ 森町 赤井川店で軽めの昼食&お土産用のバーガーetc…を購入した後は伊達市までノンストップ!「大滝エリア」にあるきのこ王国 大滝本店で早めの夕食タイムを取ります。


ブログを始める前に何度か来たことあるけど、ブログ開始してからは初訪問になります。そして以前ネタをもらったことがあるのでブログで扱うのは2回目という複雑さww
きのこ王国】は大滝村の名産品のきのこの製造販売、加工品販売などを手掛ける一方、きのこを使った料理を提供する大型商業施設。名物のきのこ汁は年間60万食を売れ行きを見せる超人気っぷり。観光バスも停車が可能な大型駐車場を備え、道の駅に匹敵する施設となっている。


c0319645_11212358.jpg

きのこそば 780円。


きのこの出汁が十分に出たこだわりのつゆ。蕎麦の名産地である幌加内産の手打ち蕎麦。大量に入った数々のきのこたちと、美味しい条件がそろったパーフェクトなおそば。本気で美味しいんですよコレ(´¬`)


c0319645_11214860.jpg

きのこ入りフランク(行者ニンニク) 390円。


きのこと行者ニンニクが入っているので美味しいのは間違いなんですが、フランク本体がジューシィでウマイ!


c0319645_11213369.jpg

きのこ炊き込みおにぎり 300円。


これもきのこのエキスが出てて美味しいかったなぁ。


c0319645_11215757.jpg

行くときにゆっくり見ることができなかった「洞爺湖」と…


c0319645_11221060.jpg

17~8年ぶりに訪れた「昭和新山」(TДT)ナツカシーナ



ふぅ、今回の【道南旅行】はこれにて終わりになります。自分運転で行ったのは初だったけど、直行のバスと違って、途中のスポットによれたりするので今までの【函館旅行】とはまた違った満足感がありました(=ω=) 次行けるのは何年後になるかなぁ。



※記事 モコ平



きのこ王国 大滝本店
●住所 北海道伊達市大滝区三階滝町637-1
●電話 0142-68-6270
●営業時間 9:00~18:00
●定休日 無休
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2017-05-07 18:00 | 胆振地方 | Comments(2)

ラッキーピエロ/森町 ~道南旅行⑲~

2017年3月20日()



c0319645_11201587.jpg

元祖大沼だんご 沼の家でお土産用の大沼だんごを購入した後は森町まで移動。国道5号線沿いにあるラッキーピエロ 森町 赤井川店が次なる目的地。ここで軽く昼食を取り、お土産用のバーガーなどを買います。この旅行中2回目のラッピになりますが森町赤井川店は初訪問になります。


c0319645_11202614.jpg
c0319645_11203645.jpg

店内中太ったキャラクターの絵が飾られていました。後、お土産の種類が豊富(=ω=)


c0319645_11205698.jpg

ハンバーガー 270円。


ラッピと言えばチャイチキですけど初日に食べてるんで、このときはノーマルなハンバーガーをチョイス。ノーマルといってもこだわりのパティは肉厚でジューシィ。刻み玉ねぎもアクセントに丁度良い。バンズの白ごまが車内に飛び散るけど気にしないww ほんとノーマルのハンバーガーでも絶品なんです(´¬`)


c0319645_11204843.jpg

エナジーパワードリンク 180円。
ラッキーガラナ 120円。
大好きミルクコーヒー 120円。


お土産用に購入したドリンクたち。ラッキーガラナは前から知ってたけど、エナジードリンクとミルクコーヒーは知らなかったなぁ。



いやー函館市から札幌市方面に向かう途中最後のラッピがこの森町赤井川店なので、ここでお土産を買おうと訪れたのですが、みなさん考える事は同じようで、お店に着いた時点駐車場は札幌ナンバーやそっち方面ナンバーの車で溢れ返っていました。んで、恐る恐る店内に入るとレジ前には行列が!ラッピは注文を受けてから作り出すので他のバーガーチェーンより回転が遅いのは知ってましたが、まさか1時間弱待つことになろうとは… まぁ、出来立ては美味しいので全然オッケーなんですけどね(=¬=) 次があるとしたら事前に電話予約をするのが得策だという事を学びましたw


つづく・・・



※記事 モコ平




ラッキーピエロ 森町 赤井川店
●住所 北海道茅部郡森町赤井川125
●電話 0137-45-3323
●営業時間 10:00~0:30(土のみAM1:30)
●定休日 無休
●駐車場 有り(40台)




[PR]
by marisho112023 | 2017-05-06 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

元祖大沼だんご 沼の家/七飯町 ~道南旅行⑱~

2017年3月20日()



c0319645_11192812.jpg

北海道 昆布館を一通り見学した後は同じく七飯町の「大沼公園エリア」にある【元祖大沼だんご 沼の家】へ当初の目的どおり向かいました。お土産ではもらったことがあるけど実際に行くのは初めてになります。


c0319645_11193601.jpg

明治38年創業の老舗【元祖大沼だんご 沼の家】は地元民や観光客に人気のお店。人情味溢れる温かい接客なども、この店の名物。ここの「大沼だんご」を買いにわざわざ遠方から来る根強いファンが多い。


c0319645_11194857.jpg

大沼だんご あんと醤油 (小折) 390円。


一口サイズの食べやすさと、上質の材料を使った餡、正油の2種類の味。プルンと柔らかく、いつ食べてもおいしく飽きのこない味はさすがにウマイ(´¬`) 賞味期限が1日しかないのでお土産に購入の際はマッハで渡さないとダメ。ちなみに今回購入した大沼だんごの写真を撮り忘れたので、過去にお土産にもらったときの写真を流用してますw



イメージ的に大沼に面していて綺麗な湖と駒ヶ岳が見えるのかなーと思っていたらそうでもなかったっていうねww



つづく・・・



※記事 モコ平



元祖大沼だんご 沼の家
●住所 北海道亀田郡七飯町大沼町145
●電話 0142-68-6270
●営業時間 8:00~18:00(売り切れ次第閉店)
●定休日 無休
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2017-05-05 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)

北海道 昆布館/七飯町 ~道南旅行⑰~

2017年3月20日()



c0319645_13402259.jpg

ハセガワストワ 昭和店で朝食をとった後は函館市のお隣七飯町へin。国道5号線沿いを走っていると北海道 昆布館が見えたので思わず入ってみることに。初訪問になります。


c0319645_13403600.jpg

北海道 昆布館】は昆布製品の製造、および販売をしている「昆布ファクトリー」と「コミュニティーマーケット」。昆布の歴史と楽しさが学べる「コンブミュージアム」、昆布ソフトクリームをはじめとするいろいろな昆布ファーストフードが味わえる「ピュアグルメ」など、様々な施設が入った大型商業施設。また、道南地方のお土産コーナーも充実している。


c0319645_13404886.jpg

入場料が無料だったので「コンブミュージアム」に入ってみました。


c0319645_13405821.jpg

昆布の歴史や…


c0319645_13411179.jpg

昆布型のオブジェなど楽しさがいっぱい!ってホントかww


c0319645_13412430.jpg

がごめ昆布入りとろろ(50g) 580円。


新商品だという道南地方特有のがごめ昆布を使用したとろろをお土産用に購入。粘り気が強く、味に深みのある美味しいとろろだったと報告を受けてます(´¬`)



朝食を食べ過ぎお腹がいっぱいだったのでファーストフードコーナーはスルーしちゃったんだよなぁ。昆布ソフトクリームぐらいは食べておけばよかった(´Д`;)



つづく・・・



※記事 モコ平



北海道 昆布館
●住所 北海道亀田郡七飯町字峠下32-1
●電話 0138-66-2000
●営業時間 9:00~17:00
●定休日 年末年始
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2017-05-01 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)

ハセガワストア/函館市 昭和地区 ~道南旅行⑯~

2017年3月20日()



c0319645_13054261.jpg

大衆居酒屋 魚さんこで2日目を終え、【道南旅行】最後の朝を迎えた我々貧食コンビがまずまっさきに目指したのは「昭和地区」にあるハセガワストワ 昭和店。他店舗は何度か行った事はありますが、ここの店舗は初訪問になります(´ω`)


c0319645_13055130.jpg

ハセガワストア】と言えば【ラッキーピエロ】と並ぶ函館(道南)地方を代表する超人気チェーン店。コンビニでありながらコンビニの枠を遥かに超えた存在感で全道のみならず全国のファンの心をガッチリつかんで離さない。人気の秘密は店内に調理スペースがあり(ホットシェフの調理場とは違う)そこで作る函館名物のひとつ「やきとり弁当」。このお弁当を求めて遠方から来る人が後を絶たない。ちなみに根室市には【タイエー】というコンビニがあるが、【ハセガワストワ】と業務提携をしておりチェーン店の関係なんだとか。なので根室でも焼き鳥弁当が買える。


c0319645_13060217.jpg

ハセガワストワ 昭和店】の店内には焼き鳥ブースだけではなく、パンの焼き窯まであり焼き立てのオリジナルパンなどの販売もしている。パンコーナーを見たのは初めてだったのでちょっと驚きました(=ω=)


c0319645_13061184.jpg

やきとり弁当(小)タレ 445円。


茶碗1杯分のごはん(200g)にのり。函館のやきとりの定番「豚串」3本を乗せ、秘伝のタレをたっぷりかけた超人気のお弁当。食べる前から味の想像ができちゃうけどウマイもんはウマイ!(´¬`) 今回は定番のタレにしたけど、塩だれやうま辛、塩といった4種の味が選べる。またチーズなどのトッピングも可能。



お土産用にやきとり弁当を3個、単品の焼き鳥を数種類、ピリ辛ザンギなども購入してるんですけど写真は無し。それにしてもやっぱ【ハセガワストア】は魅力的でホント良い。この昭和店はとても広く焼き鳥・パン・惣菜と完全無敵の品揃えとまるで隙がない!(=ω=)



つづく・・・



※記事 モコ平



ハセガワストワ 昭和店
●住所 北海道函館市昭和4-24-8
●電話 0138-42-0024
●営業時間 24時間営業
●定休日 無休
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2017-04-30 18:00 | 渡島地方 | Comments(2)

大衆居酒屋 魚さんこ/函館市 大門地区 ~道南旅行⑮~

2017年3月19日()



c0319645_13200281.jpg

遊魚舟で飲み食い後は、前日に訪問した大衆居酒屋 魚さんこに再びアタックをしかけます。本当は他のお店にも行きたかったけど、非常に良いお店だったのでこまりが思いのほか気に入っちゃったらしい(´ω`)



c0319645_13210508.jpg

ハイボール 450円。
お通し 300円。


この日のお通しはカニの剥き身ともやし&人参をマヨネーズとコショウで和えたもの。


c0319645_13280782.jpg

グラスワイン(赤) 420円。
タコ刺し 無料。


前日に引き続きこの日もサービスでタコ刺が出てきました。てか、もうコレはお通しの一部と考えたほうがいいのかな?(=ω=)


c0319645_13283304.jpg

塩辛煮 880円。


鍋に敷かれたキャベツの上に大量の塩辛が乗っており、それを煮ながら食べるという鍋料理。正直どうなのかなぁ~?と思ってたけど、食べて納得でしたねぇ~超ウマイ!(´¬`) ちなみに塩辛はそのまま食べても美味しいヤツです。


c0319645_13281544.jpg

精肉(ブタ) 140円。


専門店ではないけど、串焼き系もなかなかイケます。


c0319645_13282320.jpg

活いか刺し(ヤリイカ) 980円。


注文してからさばく前に店員さんが生きたいかをテーブルまで持ってきて「これからさばきますね」と声をかけてくれるシステム。で、テーブルに運ばれてきたいか刺はまだルヌルヌ動いてるというちょっとしたホラーw でも、やっぱ函館に来たら活いか刺は食べないと!


c0319645_13284855.jpg

あら汁 無料。


会計を済ますと出してくれるサービス品。もうこのお店はホントに良いッ!!



二日間連続の訪問になったけど良い店は連続でも全然オッケー! 今回の夜飲みはほとんど「大門エリア」周辺だったけど、他のエリアまで足をのばせばまだまだ優良店はあるんだろーなぁ函館だし(´ω`)



つづく・・・



※記事 モコ平



大衆居酒屋 魚さんこ
●住所 北海道函館市若松町19-3
●電話 0138-22-0008
●営業時間 16:30~翌1:00
●定休日 不定休
●駐車場 無し




[PR]
by marisho112023 | 2017-04-26 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

遊魚舟/函館市 大門地区 ~道南旅行⑭~

2017年3月19日()



c0319645_12405656.jpg

ペイストリー スナッフルス 駅前店で購入したスイーツを食べ休憩をした後、「大門エリア」にある【遊魚舟】へと向かいます。ここも今回の旅行前にリサーチしていたお店の1軒で、楽しみにしていました! 実は前日に行ったんですが予約がいっぱいで入れなかったんですよねぇ。なのでその場で予約してこの日の席を確保してたってゆーね(´ω`)


c0319645_12410653.jpg

遊魚舟】は札幌や函館の人気高級寿司店で修業してきた若き店主がオープンさせた海鮮系居酒屋。新鮮な魚介類を使ったお刺身やお寿司はもちろん、串焼きや揚げ物、一品料理まで全ての評価が高い。平日でも予約なしで入るのが難しいぐらいの超絶人気店なんです。


c0319645_12411801.jpg

角ハイボール 400円。
ビール 400円。
お通し 500円。


いやね、お通しがここの名物だと函館在住の有名ブロガーさんの記事を見ていたので知ってはいたけど、あらためて見るとあまりの凄さに驚き過ぎてドリンクを撮るのを忘れるってゆーねw ちなみにこれは2人前なので合計1000円です。内容は時期によって変わるそうですが、関サバの刺身が入っていたのにはビックリ!Σ(ΦДΦ;) 函館で関サバの刺身が食べれるなんて思ってもみなかったぁ。とにもかくにも全部美味しいお通し(刺し盛り)でした(´¬`)


c0319645_12412919.jpg

長ねぎさらだ 800円。


白髪ねぎとレタスのサラダ。オリジナルのドレッシングが悔しいぐらいにウマイ! もう販売してたら買ってたなぁww


c0319645_12413978.jpg

たこのからあげ 700円。


外はサクサク、中はぷりっぷりのタコを使用した美味しい唐揚げ。衣とタコ自体に味が付いてるのでレモンだけでOK(=¬=)


c0319645_12415135.jpg

ほっけ焼き 800円。


焼魚も超一流! かどうかは舌がこえてないのでわからないけど、脂がのってて美味しいほっけでした。



前日に予約がとれてなんとか入店することができたけど、店内全て予約でうまっているという人気っぷりはマジで凄い! 料理も美味しいし再訪問は確定だけど、今度来る機会があれば何日も前から予約してったほうがいいなぁ(´Д`;)



つづく・・・



※記事 モコ平



遊魚舟
●住所 北海道函館市松風町8-1
●電話 0138-27-1377
●営業時間 16:30~24:00
●定休日 未確認
●駐車場 未確認




[PR]
by marisho112023 | 2017-04-25 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

PASTRY SNAFFLE'S/函館市 大門地区 ~道南旅行⑬~

2017年3月19日()



c0319645_08153383.jpg
ロマンティコ ロマンティカで美味しい昼食を食べた後は、宿泊しているホテルの近くにあるペイストリー スナッフルス 駅前店でスイーツを買うことに。数年前に1度来ているので、今回2度目の訪問になります。

ペイストリー スナッフルス】はシンプルで温かみのあるケーキと看板商品であるチーズオムレットが人気。現在は函館に6店舗、札幌に2店舗、千歳に1店舗、有楽町に1店舗を展開中の人気スイーツ店。


c0319645_08154122.jpg

キャラメルナッツパイ 380円。


とろりとしたキャラメル味の生クリームが本気で美味しい! ナッツ類は香ばしくてアクセントになります。これは良いケーキ(=¬=)

ミルクレープフリュイ 380円。


薄くてももともち食感がわかる生地に、たっぷり生クリームとフルーツがサンドされたケーキ。軽めの甘さとフルーツの酸味が絶妙(´¬`)


今では札幌でも【スナッフルス】のケーキが食べれるようになっちゃったけど、函館のお店には函館限定スイーツとかあるんですよねぇ(´Д`;) まぁ、発祥の地で食べるのは一味違うってことでひとつww



つづく・・・



※記事 モコ平




PASTRY SNAFFLE'S 駅前店
●住所 北海道函館市若松町18-2
●電話 0138-22-4704
●営業時間 10:00~19:00
●定休日 水曜
●駐車場 有り(8台)




[PR]
by marisho112023 | 2017-04-21 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

CAFE ROMANTiCO ROMANTiCA/函館市 弁天地区 ~道南旅行⑫~

2017年3月19日()



c0319645_12185817.jpg

JR新函館北斗駅を満喫した後は函館市へと戻ります。目的は「弁天地区」にある人気カフェロマンティコ ロマンティカでランチする為。初訪問になります。


c0319645_12190810.jpg

通称「ロマロマ」と呼ばれる【ロマンティコ ロマンティカ】は味・空間・音楽にこだわりを持った人気のカフェレストラン。店内は小さなぬいぐるみやレトロな小物が並んでおり、小さなお子様が目を輝かせるようなカワイイ雰囲気になっています。


c0319645_12191799.jpg
バリエーション豊富なドリンクをはじめ、季節のフルーツタルト・ガトーショコラといったスイーツ、オムライス・ハンバーグなどのフードメニューも充実しています。またアルコール類もあるので色々な使い方ができるのも魅力のひとつなんです(´ω`)


c0319645_12193104.jpg


ピタパンとキッシュのセット(サラダ・ドリンク) 1100円。


5種のピタパンの中から2種類を選ぶシステム。このときは「ごぼうとチキン」と「バルサミコなすと生ハム」をチョイスしてみました。ピタはもっちもちで中の具材と良く合います。2種類のウチ気に入ったのはバルサミコなすのほう。マジでウマイよコレ(´¬`) 素材の関係で黒くなってるキッシュ(焦げているワケではない)もトマト&ひき肉が非常に良い味出してます。そして、スープがまた自分の好きな味。マッシュルームの香りと味がたまらない。ドリンクはアイスティー。


c0319645_12194143.jpg

えびのトマトクリームパスタセット(サラダ・ドリンク) 1100円。


濃厚な海老の旨味とトマトの酸味、生クリームのまろやかさがひとつになった美味しいパスタ。バケット(2枚)が標準装備でパスタを食べ終えた後、お皿に残ったクリームを付けて食べるなんてことが可能です(´¬`) まぁ、その為に付いてるんだろうけどw


c0319645_12195127.jpg

ロマロマクッキー 無料。


食事を終えるとサービスで提供してくれるお店オリジナルのクッキー。焼き立ての良い香りとほど良い歯ごたえが◎で美味しいヤツです。購入も考えましたが、次に行く予定のお店でスイーツを食べるので今回はあきらめました。



渋い外観とガーリーな世界観がたまらないし、料理もボリューミィで美味しく素晴らしいオサレカフェでした(=ω=) さすが函館で超人気のカフェ! いつになるかわからないけど再訪問は確定でしょう。



つづく・・・



※記事 モコ平



CAFE ROMANTiCO ROMANTiCA
●住所 北海道函館市弁天町15-12 1F
●電話 0138-23-6266
●営業時間 11:00~23:00
●定休日 火曜
●駐車場 有り(6台)




[PR]
by marisho112023 | 2017-04-20 18:00 | 渡島地方 | Comments(0)

JR新函館北斗駅/北斗市 ~道南旅行⑪~

2017年3月19日()



c0319645_08065439.jpg

味処 きくよ食堂 朝市本店で朝食をとった後は函館市のお隣北斗市へと移動。目的はアレの銅像があるという【JR新函館北斗駅】でした。自分は初訪問でしたが、こまりは2度目の訪問になります。


JR新函館北斗駅】は北海道新幹線、函館本線の駅。2016年3月26日、北海道新幹線開業により渡島大野駅から新函館北斗駅に改称され、函館駅方面へのアクセス駅となり、特急「北斗」・「スーパー北斗」が停車して新幹線と接続するほか、函館駅からの新幹線アクセス列車「はこだてライナー」も接続する。 北海道新幹線が将来札幌駅まで延伸されるまで、日本最北端の新幹線の駅となる。駅内には駅弁カフェやアンテナショップなどがある。


c0319645_08070765.jpg

駅前にあるポストの上に【北斗市】のマスコットキャラクターである「ずーしーほっきー」がッ! カワイイ(=ω=)


c0319645_08071754.jpg

そして、ここへ来た目的はコレッ!【北斗市】と人気マンガ【北斗の拳】の夢のコラボレーション! ケンシロウの銅像を一目見るためにここまで来ましたww うーむ、銅像のできも良いけど、何気に飾られてる原哲夫センセーと武論尊センセーのサイン色紙もいーなぁ。見に来て良かった(=ω=)


c0319645_08074003.jpg

駅内にある【ほっとマルシェ おがーる】。道南地方の特産品の販売をしているアンテナショップですね。


c0319645_08075788.jpg

北斗市】を含む道南のいろいろな特産品が販売されているんですが、中でも目を惹いたのは新幹線グッズと…


c0319645_08080755.jpg

ずーしーほっきーのコーナー。それにしてもグッズの種類が多いなぁww


c0319645_08081932.jpg

北斗の拳イチゴ味いちご饅頭(4入) 756円。
北斗の拳イチゴ味いちご饅頭(8入) 1296円。


これは【北斗の拳】ではなく、パロデー漫画の【北斗の拳イチゴ味】とコラボした商品。これもここに来た目的のひとつでした。お土産用に購入。


c0319645_08083083.jpg

中のイチゴ餡がちょっと甘いけどウマイ! 丸ごとイチゴを入れないところが潔い。と感想をいただいております。


c0319645_13164465.jpg

ずーしーほっきー北海道新幹線プリントクッキー 572円。


c0319645_13165878.jpg

新幹線とずーしーほっきーが別々にプリントされたクッキー。



本当は3月17日に駅前にオープンしたばかりの【北斗市観光交流センター別館】にも行ってるんですが、何も買わなかったので写真は無しです。イカ釣りぐらいはやってきてもよかったかなぁ。



つづく・・・



※記事 モコ平



JR新函館北斗駅
●住所 北海道北斗市市渡1丁目1-1
●電話 0138-83-5057
●営業時間
●定休日 無し
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2017-04-17 18:00 | 渡島地方 | Comments(4)