タグ:文化施設 ( 3 ) タグの人気記事

岡田春夫 生家/美唄市

2015年10月13日(火)



c0319645_10425937.jpg

この日は美唄市の「国道12号線」から「道道135号線」を「我路地区」に向かって少し奥まったところに入るとある歴史的建造物【岡田春夫 生家】へ紅葉を撮りに行ってきました。


c0319645_10424947.jpg
c0319645_10420882.jpg
c0319645_10431274.jpg
c0319645_10432108.jpg

岡田春夫】とは戦後日本社会党の安全保障問題の代表的な論客として名を馳せ「爆弾男オカッパル」の異名をとった有名な政治家らしい。てか、オカッパルってなんだろう?(´∀`;)


c0319645_10422188.jpg

岡田春夫 生家】の横を流れる「美唄川」に注ぐ小さな滝があり、紅葉の季節は風景が一段と良くなるようです。若干行った時期が早かったかな。


c0319645_10423719.jpg

管理人さんがこまめに管理・整備しているので大正2年頃の建築物ながら保存状態は非常に良好です。


※記事 モコ平



岡田春夫 生家
●住所 北海道美唄市我路町1条
●電話
●営業時間
●定休日
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2016-02-17 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

公民館 桜井邸 分館/美唄市

2015年7月20日()



c0319645_11284394.jpg
c0319645_11283815.jpg
【滝川市】【滝川市美術自然史館 滝川市こども科学館】を見学した後は、【美唄市】の【公民館 桜井邸 分館】へと移動。


c0319645_11283218.jpg
c0319645_11281315.jpg

桜井邸】は昭和58年、桜井家のご遺族から寄贈を受け、公民館分館として開館しています。当主でありました桜井良三氏は、美唄開拓の先駆者のひとりとして、明治24年6月17日屯田兵屋番号7番に入植致しました。以後、農場経営にあたる一方、公職を歴任、美唄町長(2代目、3代目)として自治行政を担当致しました。子息省吾氏も町長・市長(7代目町長、初代、2代目、3代目市長)を歴任、商工・経済団体等の指導・育成にもあたられました。美唄と縁の深い桜井家の人々が暮らしたこの建物は、屯田兵として入植した当時の7番兵屋に増築して完成されたもので、北海道の建築史を知る上でも貴重なものです。中でも、離れにあたる奥の和室は大正7年に建造されたもので、外観、内装、すべてが和風様式なのに、小屋組に洋風のトラス構造が用いられてる極めて特殊な建物で、大正時代の北海道建築物の中でも貴重な例として評価されているらしい。



c0319645_11281956.jpg

これは【桜井邸】の奥にある屯田兵が寝泊りしていたという【屯田兵屋】。今は【桜井邸】の敷地内にあるけど昔は別の場所にあったようです。


ちなみに、この日は月曜だったので普段だと見学ができない日だったのですが、特別に見せていただきました。


※記事 モコ平




公民館 桜井邸 分館
●住所 北海道美唄市大通西1条北2丁目2番1号
●電話 0126-62-5991
●営業時間 10:00~15:00
●開館日 5月1日~10月31日までの日曜と水曜
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2015-10-29 18:00 | 空知地方 | Comments(2)

滝川市美術自然史館 滝川市こども科学館/滝川市

2015年7月20日()



c0319645_10523767.jpg
【たきかわスカイパーク】で飛行機を見学してきた後は、同じく【滝川市】にある【滝川美術自然史館】へと移動。ちなみに同建物の3階が【滝川市こども科学館】になっています。


c0319645_10534671.jpg
昭和61年(1986年)に開館した【滝川市美術自然史館】は、ひとつの建物の中に「美術部門」と「自然史部門」を併せ持った博物館。


c0319645_10524988.jpg
c0319645_10533278.jpg
c0319645_10533834.jpg
c0319645_10524383.jpg
「自然史部門」には500万年前、この地に生息していたタキカワカイギュウや、子どもたちに人気のティラノサウルスの骨格標本などを展示していて、生物を通じて地球の歴史が学べる内容となっています。

「美術部門」は滝川ゆかりの三作家、日本画家 岩橋英遠、洋画家 一木万寿三、書家 上田桑鳩らの常設展示室があるんですが撮影は禁止。



c0319645_10525713.jpg
平成3年(1993年)に開館した【滝川市こども科学館】には〈宇宙・地球の不思議〉〈人間の不思議〉〈自然界の不思議〉の3つの部屋があり、ただ見学していただくだけではなく、さわって、驚いて、興味をもって、自ら学ぶきっかけになるような展示物があります。


c0319645_10531810.jpg
c0319645_10530730.jpg
こどもたちが楽しみながら科学を学べる施設。


c0319645_10532619.jpg
インパクト値が高かったのがコレ!どーやら、ホムンクルス(人造人間)の像らしい(´д`;)


とりあえず、【滝川市】の自然や歴史、美術関係のことや科学まで学べたので満足満足(=ω=)


※記事 モコ平




滝川市美術自然史館 滝川市こども科学館
●住所 北海道滝川市新町2丁目5-30
●電話 0125-23-0502
●営業時間 10:00~17:00
●定休日 月曜 祝日の翌日 年末年始(12月31日~1月5日)
●駐車場 有り




[PR]
by marisho112023 | 2015-10-28 18:00 | 空知地方 | Comments(0)